TOP > ご利用ガイド > パジャマについて > オーガニックコットンについて

オーガニックコットンについて

人にも自然にもやさしいオーガニックコットン。
オーガニックコットン商品の奨励は、
栽培農家や地球環境を守ることにもつながります。

オーガニックコットン商品とは

オーガニック・コットン(有機栽培綿)とは、3年間農薬や化学肥料を使わないで栽培された農地で農薬や化学肥料を使わないで生産された綿花のことです。
栽培に使われる農薬・肥料については厳格な基準が設けられており、認証機関が実地検査を行っています。オーガニック・コットンは、紡績、織布、ニット、染色加工、縫製などの製造工程を経て、最終製品となります。この製造全工程を通じて、化学薬品による環境負荷を最小限に減らして製造したものを、オーガニック・コットン製品といいます。
またオーガニックコットン商品の普及は、地球環境と綿花栽培労働にかかわる人たちの健康を守る重要な意味を持っています。

コットンの農薬事情

コットンを育てるには、通常、大量の農薬が使われます。害虫を防ぐ以外にも、コットンを収穫するためには、コットンの木の葉っぱを落さなくてはいけないので、そのための農薬なども必要だからです。もちろん、使われる農薬には国ごとに厳しい規制が設けられていますが、それでも土地に与える影響は多大です。オーガニックとは、有機栽培のこと。オーガニックコットンというのは、無農薬の畑で作られた有機栽培の綿花のことをいいます。一般的に、土中から農薬の影響が消えるのに約3年かかると言われています。ですから、オーガニックコットンを作ろうと決めた農家は、まず3年間、農薬を使わない土地を用意しそれからやっと「オーガニックコットン」と呼ばれる綿を出荷できるようになります。

普通の綿との違い

普通に栽培された綿から科学的なテストなどによりオーガニックかどうかを判別することは、検出される残留農薬がとても少ない為不可能です。ですから認証機関が畑をチェックし、オーガニックであるかどうかを何年もかけて見極めて、畑の収穫ごとに認証を与えます。オーガニックコットンの製品は、必ず調べれば、いつ、どこの畑でとれた綿を使っているのかがわかるようになっています。
パジャマ工房が展開するオーガニックコットンパジャマは、素材メーカーからのタグを用意しています。メーカーでは、オーガニックコットンである認証を与えられた綿花が、どうゆうルートでどのように製品化されたかを各製造工程でロットごとに証明書を提出してもらい管理されています。当店のオーガニックコットンパジャマは、生地から綿花まで全ての製造過程をトレースすることができます。

肌にやさしいオーガニックコットン

栽培、収穫の過程だけでなく、糸から製品になる工程でも増白剤や合成糊、染料などの薬剤をできるだけ使わずにつくられるオーガニックコットン製品は、化学薬品による肌刺激がほとんどないので、肌の弱い人やアトピーの子供たちに愛用されています。最近では、環境に配慮した加工・染色されたオーガニックコットン素材も市場に出てきました。染色によるファッション性の向上、市場のニーズに合わせることはオーガニックコットンの普及につながります。オーガニックコットンの消費が拡がれば、労働者の健康を守ること、環境負荷を軽減することができます。
当ショップのオーガニックコットンパジャマは多くの敏感肌の方にも好評を頂いております。

当ショップのオーガニックコットン商品

当ショップでは複数の種類のオーガニックコットン生地を使った商品を生産しています。綿の色そのままの無染色の生地、天然染料を使って染色した生地、通常の化学染料の生地があります。生地についての説明は各商品のページに記載してありますので購入時に参考にしてください。敏感肌や、アトピーの方には、無染色・天然染色生地を使った「癒しのパジャマシリーズ」をおススメ致します。

「敏感肌」マークは、天然染色・無染色オーガニックコットン生地を使った商品におつけしております。

「オーガニックコットンマーク」はオーガニックコットン100%生地の商品におつけしております。